皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

類天疱瘡(水疱症)

皮膚に対する自己抗体によって皮膚に水ぶくれ(水疱)ができる病気

 血液中に存在する抗体はウイルスや細菌などに反応してその感染を防ぐためのタンパク質です。ですから、通常は自分の組織成分に反応する抗体はありません。しかし、時に、自分の組織成分に反応する抗体(自己抗体と呼ばれます)が出現して、自己の組織を傷害する疾患があり、これらをまとめて、自己免疫性疾患と言います。類天疱瘡は、血液中に存在する皮膚の基底膜に対する自己抗体が自己抗原に反応して、皮膚を傷害し、皮膚に水ぶくれ(水疱)を作る病気です。天疱瘡とまとめて自己免疫性水疱症とも呼ばれます。最近、類天疱瘡の病因も少しずつ明らかになり、治療法も進歩して、治癒に至ることもあります。きちんとした検査により確実な診断をつけ、より良い治療を行っていく必要があります。

監修

写真
橋本  隆
(久留米大学医学部皮膚科学教室 教授)
このページの先頭へ