皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

膠原病

Q1膠原病とはどういう病気ですか?

印刷

 膠原病とは、ひとつの病気の名前ではなく、「感染症」や「腎臓病」と同じように、いくつかの病気が集まったグループを表す言葉です。皮膚や内臓の結合組織(いろいろな組織の間にある膠原線維などからなる部分)や血管に炎症・変性を起こし、さまざまな臓器に炎症を起こす病気の総称です。全身の結合組織や血管にフィブリノイド変性という病理学的に類似する変化が共通してあることから病理学者のKlempererが1942年に全身性エリテマトーデスと全身性強皮症をまとめ、1950年には皮膚筋炎、結節性多発動脈炎、関節リウマチ、リウマチ熱を加え6つの疾患を膠原病に含めました。その後リウマチ熱は除外され、新たに混合性結合組織病やシェーグレン症候群など多くの病気が追加されました。これらの病気に共通する症状として発熱、関節炎、全身倦怠感などの全身症状と、皮膚症状、筋症状、各種の内臓症状があります。膠原病は多くの臓器に関わる慢性の炎症性疾患ですが、最近では治療法が進歩しており、医療機関に通院して適切な治療を受けることにより、多くの患者さんで症状の改善が望めます。膠原病を正しく理解し、病気があっても平静な生活を送って欲しいと思います。

膠原病


このページの先頭へ