皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

とこずれ(褥瘡)

Q8消毒薬は使ってよいでしょうか?

印刷

 手術の時、通常皮膚表面に消毒薬を使います。しかし、消毒薬は細菌のみならず人間の細胞にも毒性を持っています。正常の皮膚や粘膜にはバリアー機能があるので、消毒薬は皮膚表面の細菌にしか作用しません。しかし、褥瘡のように表面の皮膚がない状態では消毒薬が細胞に直接作用して傷害を与えることがあります。また、消毒薬を含んだ綿球などで創面を強く擦ると肉芽組織にダメージが加わります。以上の理由から、消毒薬の使用は壊死組織主体の時期に限って使用して下さい。褥瘡の清浄化には、人肌くらいに温めた生理食塩水または水道水による加圧洗浄がふさわしいのです。加える圧が低いと洗浄効果は得られませんので、少し水しぶきがあがるくらいの圧をかけ、十分量の生理食塩水または水道水(目安は褥瘡面積1cm2あたり10ml)で洗浄しましょう。入浴時には温めのシャワー(水道水)で洗浄してもよいでしょう。洗浄後はきれいな創面を被覆する材料やタオルなどで周囲の皮膚を拭きますが。この時にあまり擦り過ぎないよう、軽く押すようにして水分を取り除きましょう。

このページの先頭へ