皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

アトピー性皮膚炎

Q8ステロイドの外用薬は副作用が恐いといわれていますが、どのように使えばよいのでしょうか?

印刷

 ステロイドの外用薬は確かに漫然と使っていれば、皮膚に様々な副作用を起こします。ステロイド外用薬はその効果を元に5段階に分類されています。効果の高さと副作用の起こりやすさは一般的に比例しますので、必要以上に強いステロイド外用薬を使わず、「皮疹の重症度」に見合った薬剤を選ぶことが大切です。普通、次のような基準で第一選択薬が選ばれます。

  • 重症:ベリーストロングないしストロングクラス
  • 中等症:ストロングないしミディアムクラス
  • 軽症:ミディアムクラス以下
  • 軽微:ステロイドを含まない外用薬(ワセリン、尿素軟膏、ヘパリン類似物質含有軟膏、亜鉛華軟膏、親水軟膏など)

ステロイド外用薬の局所副作用

  • ステロイドざ瘡(ニキビ)
  • ステロイド潮紅
  • 皮膚萎縮
  • 多毛
  • 細菌・真菌・ウィルスによる皮膚感染症
  • アレルギー性接触皮膚炎

日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について

このページの先頭へ