皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

アテローム(粉瘤)

Q1アテロームとはどんなものですか?

印刷

 アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマとも呼ばれます)とは、皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫)ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。たまった角質や皮脂は袋の外には出られず、どんどんたまっていきますので、時間とともに少しずつ大きくなっていきます。身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。やや盛り上がった数mmから数cmの半球状のしこり(腫瘍)で、しばしば中央に黒点状の開口部があり、強く圧迫すると、臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てくることがあります(資料1、2、3)。

資料1:おしりのアテローム(表皮嚢腫)(正面像)
資料1
資料2:おしりのアテローム(表皮嚢腫)(側面像)
資料2
資料3:あごのアテローム(表皮嚢腫)

半球状に盛り上がっている部分の中央の黒点が開口部

資料3
このページの先頭へ