皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

アテローム(粉瘤)

Q3脂肪腫とは違うのですか?悪性化することはないのですか?

印刷

 脂肪腫とは皮膚の下に脂肪細胞が増殖してできた本当の脂肪の塊(資料6、7)で、アテロームとは全く異なるものです。脂肪腫よりアテロームのほうがよくみられるので、いわゆる“しぼうのかたまり”というと、正しく表現すれば“皮膚から出るあぶらのかたまり”であるアテロームのほうを指してしまうことがあるようです(資料8、9)。
 どちらも、悪性化することはほとんどありません。しかし、ごくまれにアテロームが癌化したという報告があります。アテロームの癌化は中高年齢層の男性のおしりの部分に生じたものに多いといわれています。

資料6:肩にできた脂肪腫
資料6
資料7:手術で摘出した資料6の脂肪腫

黄色にみえるのは皮下脂肪と同じ脂肪細胞のかたまりです。

資料7
資料8:膝の裏側のアテローム
資料8
資料9:手術で摘出した資料8のアテローム。

表面にみえるのは嚢腫壁(袋の部分)で、このなかに角質や皮脂、つまり“あか”のような物質がたまっています。

資料9
このページの先頭へ