日本皮膚科学会について

学会カレンダー
キャリア支援委員会
入会手続きはこちら

基礎医学研究費(資生堂寄付)

「日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)」とは,皮膚科学分野の優秀な若手研究者を育成し,日本の皮膚科学領域における基礎医学研究を奨励助成することを目的として,株式会社資生堂の寄付金をもとに1967年に日本皮膚科学会によって創設されました.

受領対象は公募としており,要項については毎年10月下旬から日本皮膚科学会雑誌および本ページに掲載
いたします.

日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)の受領者(6名)には,それぞれ研究助成金100万円が交付
され,受領年度に開催される日本皮膚科学会総会において授与式に出席し,翌年度の日本皮膚科学会総会に
おいてポスター発表を行うこととなっております.

令和2年度日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)の受領者について


 令和2年度日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)の受領者は下記のとおりです.

お 名 前

ご 所 属

研 究 課 題

宇都宮(うつのみや) (あきら)

福井大学

 Dermokineを標的とした悪性黒色腫の免疫賦活化治療の
 新規開発

(たき) 奉樹(ともき)

名古屋大学

 Dorfman-Chanarin症候群の病因因子ABHD5の病態解明
 と新規治療薬の開発

(いずみ) 健太郎(けんたろう)

北海道大学

 水疱性類天疱瘡においてDPP-4阻害薬が免疫寛容の破綻
 に及ぼす影響についての研究

宮垣(みやがき) 朝光(ともみつ)

聖マリアンナ医科大学

 皮膚化学発癌におけるリンパ流の役割

(はやし) 周次郎(しゅうじろう)

獨協医科大学

 血管型エーラスダンロス症候群の病態解明を目的にした
 3型コラーゲンの機能解明

山口(やまぐち) 由衣(ゆきえ)

横浜市立大学

 カベオリンサブドメインに着目した乾癬炎症制御のメカ
 ニズム解明と新規治療法開発

  (敬称略・順不同)

 
※ 第119回総会はWEB開催となりましたため,同総会において予定しており
 ました令和2年度受領者授与式は,第120回総会において執り行うことと
 なりました。
 ここに令和2年度日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)の受領者
 の方々をご紹介いたします。

 日本皮膚科学会基礎医学研究費 令和2年度受領者紹介パンフレット(PDF/***KB)
 
このページの先頭へ
Copyright © 日本皮膚科学会 All Rights Reserved.