日本皮膚科学会について

学会カレンダー
キャリア支援委員会
入会手続きはこちら

事業内容

『日本皮膚科学会雑誌』の発行(1901年創刊)

年13回発行。全会員に配布しています。原著論文、学会抄録、会報等が掲載され、通年で約2,000ページに及ぶこの学会の会員誌です。

『The Journal of Dermatology』の発行(1974年創刊 欧文誌)

年12回発行。購読会員に配布します(購読料:年間1万円)
国内・外の原著論文等を掲載。編集には、14か国から40人の研究者が協力し、世界37か国の340か所で購読されています。

「皮膚科専門医」の資格の認定とその資格の更新

学会では、優れた皮膚科専門医の養成と、その生涯にわたる教育研修のため、この制度を設けています。
この認定は、学会の指定する研修施設で5年以上の臨床研修を行うなど、必要な要件を満たした会員について「試験」により行います。
この資格は、取得後5年ごとに更新されますが、その間には学会への出席や研究発表などによって自己研修を積み、専門医制度に定める基準単位を修得する必要があります。

「研修講習会」の開催

学会では、専門医資格の取得を目指す会員あるいは更新する会員のため、年9回「研修講習会」を開催しています。会員の研修の機会は、各支部や地方会、あるいは皮膚科関連の学会においても、数多く設けられています。

『総会』の開催

毎年1回、国内・外の会員が参集し、4日間の日程で学術講演、研究発表、シンポジウム、ワークショップなど多彩なプログラムを展開する「総会」が開催されます。※2018年度総会より会期が4日間となりました。
総会では、会員のための学会賞として「皆見省吾記念賞」や「日本皮膚科学会雑誌論文賞」が贈られ、その受賞者の記念講演もあります。

『学術大会』の開催

各支部において毎年1回、2日間の日程で、学術講演や研究発表などを行う「学術大会」が開催されます。

『地方会』の開催

全国各地において「地方会」が開催され、会員が身近なところで最新の学術情報などに接し、研修できるようになっています。

国際交流事業

定期的に「日韓合同皮膚科学会」「日中合同皮膚科学術会議」「日豪合同皮膚科学会」を開催するとともに、「世界皮膚科学会連合」や「国際研究皮膚科学会」等と連携して、広く国際的に研究交流・情報交換などを行っています。

国内連携事業

「日本医師会」「日本医学会」等の関係機関・団体とは常に密接に連携しています。また、「日本研究皮膚科学会」「日本臨床皮膚科医会」など多くの関連学会と連携・協力関係にあります。

『ひふの日』<毎年11月12日> には

日本臨床皮膚科医会と共催し、会員の協力によって全国各地で講演会、健康相談、無料検診などの事業を展開し、広く国民の皮膚疾患に関する正しい認識の啓発に努めています。

このページの先頭へ
Copyright © 日本皮膚科学会 All Rights Reserved.