皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

虫さされ

 「虫さされ」は大変身近な皮膚病で、一般的には蚊やノミに刺されたことによって生じる、かゆみの強い赤いブツブツ、という印象があると思います。しかし実際には、蚊やノミ以外にも様々な「虫」がヒトを刺したり、咬みついたり、皮膚から血を吸って被害を与えます。
 虫さされの原因となった虫を調べるには、刺している虫をその場で捕まえて、その種類を確認する必要があります。しかし「虫さされ」と言っても、実際に刺されている場面を見ていないことが多いのが実情です。それどころか、「刺さない虫」を犯人(犯虫?)と思い込んでいる方もおられます。
 そこで、ヒトに被害を与える「虫」の種類や生態、生息地をよく知り、どんな虫がどんな皮膚症状を引き起こすかを知っておくと役に立ちます。

監修

写真
夏秋  優
(兵庫医科大学皮膚科 准教授)
このページの先頭へ