皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

脱毛症

Q2毛の生え変わりというのは、どんなことですか?

印刷

 頭の一本一本の毛は、数年間、伸びると寿命になり成長が止まります。皮膚の中では、毛母のほとんどが消失して毛包は浅くなり、毛は抜けやすい状態になっています。この時期を休止期といいます。しかし、2~3ヶ月すると、浅くなった毛包の下に新しい毛母の芽が出て、成長期の毛包が再生して、再び新しい毛が作られて同じ毛穴から伸びてきます。このようにして毛が生え変わることを毛周期といいます(図2)。

図2:毛の生え変わり(毛周期)のしくみ
図2:毛の生え変わり(毛周期)のしくみ

 毛周期は個々の毛包で別々に営まれますので、1日におおよそ100本が抜ける一方で、約100本が再生して、ほぼ一定の毛の数が保たれています。また、頭の毛の割合では、約85~90%が成長期の毛で、10%弱が休止期の毛です。頭髪は、健康な状態でも、いつもこの程度の数が抜け落ちていることや、中年~老年となるにつれて細い毛に置き換わり、全体として髪が薄くなることなどを理解しておくことが大切です。ときどき、脱毛症でもないのに、抜け毛を気にして「脱毛恐怖症」になってしまう人がいるからです。

このページの先頭へ