皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

脱毛症

Q5男性型脱毛症の治療はどうしますか?

印刷

 男性型脱毛症は「病気」というよりは人体の自然現象ですが、若い人では悩むことだと思います。近年様々な研究が進み、有効な治療方法が登場しています。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインではフィナステリドやデュタステリドという内服治療薬、さらにミノキシジルを含有したローションが推奨されています。フィナステリドとデュタステリドは5α-リダクターゼの作用を抑えて、毛包のミニチュア化を防ぎます。ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる作用があります。(図5)。フィナステリドとデュタステリド内服薬の処方は自費診療となり、健康保険が使えません。また、医師の処方が必要な薬剤で、内服するかどうか、効果があるかどうかなど、皮膚科専門医に相談することが大切です。図6のように日本人に多い頭頂部の脱毛に効果的です。インターネットで類似品が廉価で販売されているようですが、品質、安全性や効果は定かではないものが多く、そういったものは使用するべきではありません。ミノキシジルには内服薬もあるようですが、不整脈や多毛症など副作用が懸念され、何よりミノキシジルローションと比較したデータがないので、わざわざ内服するリスクを冒す意義が示されてはいません。

図5:男性型脱毛症に対する育毛剤の作用
図5:男性型脱毛症に対する育毛剤の作用
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法
内服前
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法:内服前
1年内服後
図6:男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法:1年内服後

自毛移植も有効で、後頭部などの自分の毛を毛包ごと移植する方法です。自分の組織ですので問題なく生着して、元の部分の毛の性質を保ったまま、生え変わりもします。一方、ナイロンなどの人工毛を頭皮に植え付けるようなことは厳禁です。異物反応を多かれ少なかれ起こして、化膿したり脱落したりして、安全とはいえません。かつら(ウィッグ)は、使うことでQOL(生活の質)が向上します。

このページの先頭へ