皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q2どんな病型がありますか?

印刷

 リンパ球はT細胞、B細胞、NK細胞などに分けられていますので、リンパ腫の診断は、腫瘍細胞が由来するリンパ球の名前をとって、T細胞リンパ腫、B細胞リンパ腫、NK細胞リンパ腫などに大別されます。皮膚リンパ腫の約85%はT細胞です。しかし、皮膚リンパ腫には独特な皮膚症状、病理組織所見や異なった臨床経過をとりますので、それらの所見を診断に組み入れた独特の病名が使われます。
 皮膚T細胞リンパ腫の約半数は「菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)」という低悪性度の病型です。「セザリー症候群」は、細胞学的には菌状息肉症と同じですが、紅皮症(全身皮膚に病変あり)、リンパ節腫大と末梢血に異型T細胞が流入した状態をいいます。そのほかに、皮膚T細胞リンパ腫が未分化大細胞リンパ腫(ALCL)、成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)など多数の病型があります。
 皮膚B細胞リンパ腫もいくつかの病型があります。多くは悪性度が低いのですが、中には中等度悪性の病型もあります。メトトレキサートなどの薬剤で誘発される皮膚B細胞リンパ腫もあります。

このページの先頭へ