皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q9病気は早く進行するのですか?

印刷

 皮膚リンパ腫の進行を予測する場合には、その「病型」、「病期」や「出現する部位」を正確に把握することが大前提です。また、「前治療」の成否も進行あるいは治療抵抗性を予測する重要な因子です。
 菌状息肉症では、皮膚病変面積が少ない早期病変の場合には、10年間経過をみた場合に約90%の患者さんは安定した状態か、治癒する場合もあります。進行する場合でも、通常は数年から10数年かけてゆっくりと進行します。
 しかし、腫瘤形成やリンパ節の病変が明らかな場合には、病気の進行は加速します。セザリー症候群も進行が早くなります。
 他の皮膚リンパ腫の中には、進行がゆっくりのものから、中等度に早いものがあります。「病型」「病期」「部位」や「前治療」などを総合的に判断して、進行を予測して、治療計画を立案します。

このページの先頭へ