皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q13リンパ腫は皮膚科で治療するのですか?

印刷

 皮膚のリンパ腫に対しては、皮膚科独特の治療法が工夫されています。早期の病変を見つけて、当初から強力な治療をしても、良い結果を得られないことが証明されています。
 皮膚症状を適切に評価して、病期と皮膚病変に合わせた治療をすることが重要です。そのために早期の病変では皮膚科医による治療が重要です。腫瘤形成がみられる場合には、放射線科の協力を求めます。当科では化学療法を皮膚科で実施することが多いですが、血液腫瘍科にコンサルトしながら診療しています。はじめから造血系幹細胞移植や自家末梢血造血系幹細胞採取が必要と予測される場合には、血液腫瘍科に治療をお願いしています。小児、青年期の患者が化学療法を必要とする場合には、生殖機能を考慮して小児科の血液腫瘍科へコンサルトしています。

このページの先頭へ