皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q5どんな症状ですか?

印刷

 皮膚T細胞リンパ腫の代表格である「菌状息肉症」と「セザリー症候群」の皮膚症状はQ2を参照してください。その早期病変は、皮膚科医がみても、湿疹や皮膚炎と鑑別することが難しいことがあります。そのほかの菌状息肉症の皮膚症状として、魚鱗癬様の乾燥、多形皮膚萎縮(色素沈着、色素脱失や毛細血管拡張などを伴う)、毛孔に一致した丘疹などの皮膚症状もあります。アトピー性皮膚炎に合併して菌状息肉症が発症することもありますので、注意が必要です。進行すれば腫瘤、紅皮症やリンパ節が腫大してきます。
 菌状息肉症以外の皮膚リンパ腫では、小腫瘤、大腫瘤、潰瘍を伴う皮膚硬結などさまざまな皮膚病変を生じます。

このページの先頭へ