皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q3菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)はどんな病気ですか?

印刷

 皮膚リンパ腫のなかで最も頻度の高い、低悪性度のT細胞性リンパ腫(Q2参照)です。 早期病変(紅斑期と呼ばれる)は、湿疹や乾燥肌のような病変が体幹や四肢に出現します。この時点での診断はベテラン皮膚科医でも難しく、皮膚所見や病理組織所見を参考にして経過をみないと最終診断に至らないことが多いです。少し、進行して局面期になると、診断は比較的容易になります。
 皮膚病変面積が少ない早期病変の場合には、10年間経過をみた場合に病気が進行する割合は約10%です。残りの90%の患者さんは安定した状態か、治癒する場合もあります。進行する場合でも数年から10数年かけてゆっくりと進みますので、低悪性度リンパ腫に分類されます。
 一部の患者さんでは腫瘤状病変が形成や紅皮症(全身皮膚に病変)になり、リンパ節が大きくなってくることがあります。まれに、紅皮症とともに末梢血に皮膚の異型リンパ球が流入してセザリー症候群(Q2参照)になることがあります。

このページの先頭へ