皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q6原因は何ですか?

印刷

 菌状息肉症とセザリー症候群の原因はいまだに不明です。皮膚、特に表皮において、Tリンパ球が活性化して、細胞が長生きしている間に、腫瘍化するための二次的な遺伝子異常が加わっていくと考えられています。
 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)のトリガーとなる原因は、HTLV-1と呼ばれるレトロウイルスです。稀な病型の節外性NK/T細胞リンパ腫(鼻型)ではほぼ全例にEBウイルスが感染しています。関節リウマチの治療薬であるメトトレキサート(リウマトレックスなど)で誘発されたB細胞リンパ腫では半数程度にEBウイルスが感染しています。その他のリンパ腫については原因不明です。

このページの先頭へ