皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

皮膚リンパ腫:菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)

Q7どんな検査をするのですか?

印刷

 皮膚科エキスパートの視診と問診が初期診断に最も重要です。皮膚リンパ腫、特に菌状息肉症の疑いがあれば皮膚生検を実施します。特徴的な病理組織所見を確認し、浸潤しているリンパ球の種類を同定することで診断の一助にします。
 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)の疑いがある場合には、HTLV-1感染の有無を血清抗体価あるいはウイルス学的に検査します。EBウイルスが関連している場合には、EBウイルス関連遺伝子の存在を検査します。
 臨床と病理所見およびウイルス学的検査と同時に、血液検査(白血球数、乳酸脱水素酵素:LD、血清可溶性IL2受容体:sIL2R、末梢血リンパ球の種類やバランスなど)によってリンパ腫の進行の程度を調べます。
 病気の広がりを画像検査するために、CT、超音波、FDG-PETなどを実施します。必要に応じてリンパ節生検を行います。

このページの先頭へ