皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

かぶれ

Q14全身性金属皮膚炎(全身型金属アレルギー)はどのようなものですか?

印刷

 ニッケル、クロム、コバルトなどはチョコレート、ココア、豆類、香辛料、貝類、胚芽などに多く含まれています。一方歯科金属はパラジウム、金、水銀、錫などを含有することが多く、時にニッケル、クロム、コバルトなども含むこともあります。これらの金属は皮膚、粘膜、腸管、気道の粘膜で吸収され、汗、乳汁、涙、尿そして糞便中に排泄されます。その金属が生体内に吸収されることにより、掌蹠膿疱症(手足に膿がでる病気)、汗疱状湿疹(手足に水ぶくれができる病気)、扁平苔癬(口の中にレース状の白色の苔のようなものや手背などに多角形の紫紅色のブツブツが出来る病気)、貨幣状湿疹(丸いジクジクした湿疹)、痒疹(虫刺されのようなものが全身にできる病気)、紅皮症(全身が真っ赤になる病気)などを発症もしくは増悪し、その摂取の制限により軽快することがあります。このような病気を全身性金属皮膚炎といいます。

ニッケルによる全身性接触皮膚炎
(健康食品のひえに含まれるニッケルが原因となり発症しました)
ニッケルによる全身性接触皮膚炎(健康食品のひえに含まれるニッケルが原因となり発症しました)
このページの先頭へ