皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

爪の病気

Q21爪が濁って、一部がぼろぼろと欠けてきます。どうしてでしょうか

印刷

 爪が濁ってくる病気で一番多いのは爪白癬です。しかし、爪白癬では、通常爪甲の表面は硬く、光沢もあり爪が欠けてくることはありません。爪の一部を削って顕微鏡で検査をして、真菌が陰性であれば、爪乾癬の可能性があります。
 爪乾癬では爪甲表面の点状の凹みや爪甲剥離で始まることが多いのですが、その後爪甲が混濁したり、爪甲が脆くなってきたりもします。ときには、爪甲がほとんど作られなくなることもあります。体のどこかに乾癬の皮疹があれば診断は簡単ですが、爪だけに病変が認められるときには診断は困難です(図1、2、3)。爪母や爪床の一部を切り取る組織検査を行えば診断は確定します。治療は外用療法では困難で、シクロスポリンかエトレチナートの内服を行います。

図1

左手人差し指の爪甲は混濁し、他の指の爪甲も表面に白濁した部や点状の凹みも見られます。

図1 左手人差し指の爪甲は混濁し、他の指の爪甲も表面に白濁した部や点状の凹みも見られます。
図2

右足の爪甲は混濁し、脆くなり、表面が一部欠けています。

図2 右足の爪甲は混濁し、脆くなり、表面が一部欠けています。
図3

左手薬指爪甲はほとんど認められません。中指では爪甲の根元が腫脹して、関節に痛みがあります。

図3 左手薬指爪甲はほとんど認められません。中指では爪甲の根元が腫脹して、関節に痛みがあります。
このページの先頭へ