皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

膠原病

Q2患者さんはどのくらいいるのですか?

印刷

 本邦での全身性強皮症患者は6,000人以上と推定されています。全身性強皮症はレイノー症状で発症することが多いのですが、その中には皮膚硬化がゆっくりとしか進行しない患者さんも多く、病気に気が付かなかったり、医療機関を受診しても診断されなかったりすることもしばしばあり、このような軽症型の全身性強皮症を含めると患者数は数倍以上になると推定されています。米国の調査によると、典型的な全身性強皮症の患者さんに、比較的症状の軽い全身性強皮症患者さんを加えると、人口5,000人当たり1.38人が全身性強皮症に罹患しているといわれています。ですから、ごく軽い患者さんを含めると、恐らく人口1,000人に1人ぐらいがこの病気にかかっていると考えられています。

全身性強皮症


このページの先頭へ