各委員会情報

Master of Dermatology(Maruho)

「Master of Dermatology(Maruho)」とは,日本の皮膚科における臨床分野の発展に貢献した皮膚科医師に敬意を表する賞「マルホ賞-臨床皮膚科学への大いなる貢献者達へ-」としてマルホ株式会社が2010
年に創設し,実施してきましたが,2017年度からは「皮膚科の臨床,皮膚科学研究,人材育成,社会貢献
など,日本の皮膚科学の発展に多大なる貢献をした者」をテーマに,「Master of Dermatology(Maruho)」と名称を改め,日本皮膚科学会とマルホ株式会社が共同運営することとなり,現在に至っております.

受賞対象は公募としており,要項については毎年10月下旬から日本皮膚科学会雑誌および本ページに掲載いたします.

Master of Dermatology(Maruho)の受賞者には,副賞として300万円が授与され,受賞年度に開催される日本皮膚科学会総会において授賞式,記念講演を行うこととなっております.

令和3年度 Master of Dermatoloy(Maruho)の受賞者について


 令和3年度 Master of Dermatology(Maruho)の受賞者は下記のとおりです.

氏 名 所属名称 受賞テーマ
しおはら てつお
塩原 哲夫
杏林大学
医学部皮膚科
名誉教授
 薬剤性過敏症症候群を初めとするアレルギー性皮膚疾患の病態解明・
 治療理論の確立

(敬称略)

 

【受賞テーマの要約】
  いつも目の前に現れる臨床上の疑問を解決したい一心で研究を続けてきた。その中で絶えず私の中に
 あったのは、欧米の物まねではない彼らに依存しない我が国独自の概念を、世界に向けて発信したいと
 言う“独立不羈”の強い願望であった。それは終戦後まもなく生を受けた我々世代特有のものなのかもし
 れない。
  薬剤性過敏症症候群(DiHS)は多くのユニークな特徴を持つ重症薬疹であるが、ヘルペスウイルスの
 再活性化、Tregの増大に伴う免疫抑制、それの退縮に伴う自己免疫反応の増大と続く長期にわたる病態
 の把握には、息の長い臨床の観察と細かいデータの解析が必要である。それは教室員達の惜しみない協
 力があって初めてなし得た仕事であり、感謝してもしきれない。それ故に欧米の研究者では絶対出来な
 いものであり、日本人の長所が発揮できる数少ない疾患である。長期予後に関しては現在も解析中であ
 り、今後も研究が続けられることを願って止まない。

 

歴代受賞者

Master of Dermatology(Maruho)歴代受賞者(PDF/83KB)

このページの先頭へ
Copyright © 日本皮膚科学会 All Rights Reserved.