各委員会情報

基礎研究助成(ノバルティス ファーマ寄付)

「基礎研究助成(ノバルティス ファーマ寄付)」とは,皮膚科(但し,腫瘍は除く)に関係ある基礎的研究についてノバルティス ファーマ株式会社の寄付により助成するものです.

受領対象は公募としており,要項については10月下旬から日本皮膚科学会雑誌および下記に掲載いたします.

基礎研究助成(ノバルティス ファーマ寄付)の受領者(3名)には,それぞれ研究助成金200万円が交付さ
れ,受領年度に開催される日本皮膚科学会総会において授与式に出席し,翌年度の日本皮膚科学会総会にお
いてポスター発表(掲示のみ)を行うこととなっております.

令和4年度 基礎研究助成(ノバルティス ファーマ寄付)研究公募

1. 応募条件

 1)皮膚科医師であること.
 2)研究内容は皮膚科(但し,腫瘍は除く)に関係ある基礎的研究であること.
 3)個人的研究に限り,研究は日本国内でのみ行うものとする.但し,同一施設内の共同研究者が
   あってもよい.
 4)研究費受領後,1年以内に留学予定がないこと.
 5)同一テーマで,過去に日本皮膚科学会の他の研究費の受領がないこと.
 6)既にノバルティス ファーマ株式会社からの支援を受けている研究の応募は不可.
 7)過去に本研究費の受領経験がないこと.

2. 応募方法

 1)申請用紙は日本皮膚科学会所定の用紙を使用する.
     令和4年度基礎研究助成(ノバルティス ファーマ寄付)申請書(word/104KB)
 2)関連文献別刷を添付すること.
 3)送付する申請用紙および論文別刷は,各々原本1部とメディアに保存したものを1セットにまとめたも
    のとする.

3. 応募書類送付先

 日本皮膚科学会事務局 学会賞等選考委員会担当宛
  日本皮膚科学会事務局

4. 締切

 2022年1月31日(月曜日)必着

5. 審査

 応募されたもののうち学会賞等選考委員会にて優秀なテーマを3件選考し,日本皮膚科学会理事会にて
 決定のうえ通知する.

6. 助成金額

 1件200万円
 所属機関の間接経費(オーバーヘッド)については,必要に応じて,免除していただくよう申請書を
 発行いたします.

7. 報告並びに発表等について

 1)受領者は,2022年度(第121回)日本皮膚科学会総会において基礎研究助成授与式に出席する義務
   を負う.
 2)受領者は2023年3月末までに研究成果報告並びに会計報告を日本皮膚科学会に提出する.
 3)研究成果の発表は,2023年度(第122回)日本皮膚科学会総会においてポスター展示(掲示のみ)
   で行うものとする.
 4)雑誌等に論文として発表する際は,当該研究が「令和4年度日本皮膚科学会基礎研究助成(ノバル
   ティス ファーマ寄付)の助成による」ことを明記する.
 5)選考対象外となる事実が結果発表後に認められた場合,助成が取り消され,支給された金額について
     返還を求められることに同意する.

このページの先頭へ
Copyright © 日本皮膚科学会 All Rights Reserved.