皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

白癬(水虫・たむしなど)

Q2皮膚糸状菌(白癬菌)とは何ですか?

印刷

 皮膚糸状菌(白癬菌)というカビは、その形態から白癬菌属、小胞子菌属、表皮菌属に分類されています。白癬を起こす皮膚糸状菌は世界には40種類以上存在しますが、日本ではこのうちの10種類ほどがヒトに白癬を起こすことが知られています。その中で最も頻度が高いのが、トリコフィトン・ルブルムとトリコフィトン・メンタグロフィテスです。その他、格闘技の選手の間ではトリコフィトン・トンスランスというカビによる白癬も見られます。白癬菌は人ばかりでなく動物にも感染し、動物によって感染する白癬菌の種類が異なります。動物に寄生する白癬菌が人に感染することがあり、代表的なものが、犬猫に寄生しているミクロスポルム・カニス(イヌ小胞子菌)というカビです。

*:皮膚糸状菌の名前で、日本ではこのように発音されることが多い。

このページの先頭へ