皮膚科Q&A

皮膚科Q&Aを検索

白癬(水虫・たむしなど)

Q20いったん足白癬は治ったけれど、再発を繰り返すのはどうしてですか?

印刷

 今ある水虫の薬はよく効きますので、通常の足白癬であれば、塗り薬を毎日つければ、約2週間程度で良くなります。しかし2週間程度の外用では白癬菌は完全に消失せず、残っています。しかし多くの患者さんは、自覚症状が消失すれば治ったと思い、治療を中止してしまいます。そのため翌年の夏には残っている白癬菌がまた増殖して、足白癬の症状が出てきます。また足白癬では、自覚症状のない部位にも白癬菌は存在します。しかし多くの患者さんは、水疱や痒みなど症状がある部位にしか塗り薬を使用しません。薬を自覚症状があるところだけでなく、指の間から足裏全体に最低1カ月毎日塗り続けることが大切です。さらにきちんと塗り薬をつけても、同居している家族から、あるいは患者自身がばら撒いた白癬菌による再感染があります。つまり足白癬が治らない最大の理由は、中途半端な治療と再感染のためです。

このページの先頭へ